• 空

睡眠障害との関係

悩み

もっとも多い症状

うつ病患者の多くは、「眠りが浅い」、「眠れない」などといった「睡眠」の面の症状に悩まされています。若い人がうつ病にかかってしまった場合は、逆に眠りすぎてしまう「過眠」の症状が現れることもあります。

悪化させる

うつ病にかかってしまった人、全員が悩まされる症状といっても過言でない「不眠」。不眠は、うつ病の悪化に大きく関係していることがわかっています。そのため、うつ病を改善するためには、まず不眠の症状を改善することが必要だといえます。「眠れない」、「眠りが浅い」などの症状が現れ始めたら、すぐに対処することが大切です。そうすることで、うつ病をスムーズに改善することができます。

不眠から発症

不眠状態が続くことが原因で、うつ病になってしまうこともあります。うつ病の発症を防ぐためにも、不眠の症状が現れた場合は病院で診断し、改善してもらうことが最適です。睡眠障害の診断結果は大きく2つのパターンに分けることができます。それは「熟眠障害」と「早期覚醒」です。熟眠障害は、朝目が覚めてもスッキリしない、という症状が現れます。早期覚醒は、夜中に目が覚めてしまい、それ以降眠ることができない、という症状が現れます。睡眠障害は睡眠薬の服用で改善することが可能ですが、うつ病を伴っている場合は、不十分とされています。そのため、睡眠薬の服用で効果が現れなかった場合は、うつ病である可能性が高いため、すぐに内科や精神科で診断してもらうようにしましょう。そして診断結果に合った治療を施してもらい、改善へと進めていきましょう。

うつ病の診断について

一般的にうつ病などの精神疾患の診断を受けるには専門の医療機関を受診して様々な検査を受ける必要があります。ただ、その診断さえ受ければより的確な治療を受けることができますし、症状の悪化を防ぐことができます。 うつ病は症状のレベルによって軽度、中度、重度と程度が分かれてきます。程度が重くなれば重くなるほど、その症状はひどくなり、時には突発的に自殺をはかるなんてケースもあるので注意が必要です。 基本的にうつ病は早めの治療が肝心だと言われています。というのも、症状が進行してからだとその分治療期間も長くなり、時にはそれが原因で日常生活に支障を来してしまう可能性もあるのです。 最近体の調子が悪い、気分が乗らないなど何かしらの体のサインに気付いたら、間違っていても構いません、早急に医師の診察を受けるようにしておきましょう。

精神科と心療内科の違いについて

うつ病の診断に必要な医療機関の受診ですが、具体的にどこの診療科を受診すればいいのでしょうか。 うつ病の治療といえば精神科や心療内科を一番に思い浮かべるという人も多いでしょう。一般的に、精神科でも心療内科でもうつ病の診断はしてくれます。ただ、厳密にいえば精神科の主な診療内容は精神疾患などの心の病、対して心療内科は心身症や胃潰瘍、喘息などの体の症状が主な診療内容です。もちろん、治療内容に大きな違いはないのでどちらでも構わないのですが、利用の際には自身の症状と照らし合わせてより自分に合っている診療科を選ぶようにするといいでしょう。 最近ではより受診しやすいようにと診療内容は精神科でも名前は診療内科を掲げているというところもあるので、事前に病院側に確認してみるのもいいかもしれません。

↑ PAGE TOP