• ひとりで悩まずまずはご相談を

支障をきたす

気分が沈む

人間、必ず毎日が楽しいとは限りません。
嫌なことがあったり、悲しいことがあったりすると、気分が沈んでしまい、元気がなくなってしまうこともあります。
しかし、これは嬉しいことや楽しいことがあると、回復することがあります。
こうした気分の落ち込みは、誰もが経験するものであり、これを乗り越えることができる場合は、この症状は比較的軽いものだと診断されます。
しかし、場合によっては楽しいことや嬉しいことでもなかなか回復させることができないほど、気分が沈んでしまうこともあります。
それは、「うつ病」と呼ばれ、この症状で悩む人は多くいます。

症状

うつ病の細かい症状は、一人ひとりで異なりますが、基本的には以下のような症状が挙げられます。
それは、「何をするにも気力を失い、物事への関心が失せる」というものです。
また、「眠れない」、「食べることができない」など、日常生活に支障をきたすような症状が見られることもあります。
うつ病は、これらの症状が毎日続きます。そのため、肉体面だけでなく精神面もボロボロな状態になってしまうのです。

誰でもかかる

うつ病は、誰にでも起こる病気なので、気持ちの変化で感情をコントロールできないことがあれば、すぐに病院で診察を受けましょう。
診断は、病院の内科や精神科を受診すると、詳しく検査してくれます。
うつ病は早期に発見し、治療を受ければ、治すことができる病気です。
常に警戒し、うつ病にかかったときの対処法を頭の中に入れておくことが大切です。

CONTENTS